大学生のアルバイト事情について

本来は学業に専念することが望ましいのかもしれません。しかし、せっかくの貴重な学生時代ですから、遊びやアルバイトを通していろんな経験を積むことも将来に役立つはずです。また、学費や生活費を稼ぐためアルバイトに励むという大学生もいるでしょう。そんなわけで、学生とアルバイトは切っても切れない関係にあるのかもしれませんね。かといって、働いてばかりいては本業の勉強がおろそかになってしまいます。いわゆるワークライフバランスを上手に取ることが必要でしょう。
例えば、平日の夜のバイトは控えめにして土日や休日を中心に働くというスタイルなら長続きするかもしれません。また、夏休みなどの長期休暇期間を活用した本格的なバイトもいいでしょう。大学生にとってのアルバイトは、単にお金を稼ぐというだけではなく貴重な社会経験になります。例えば、飲食店で接客の仕事をする場合、どのような接客態度で臨むのが正しいのかということを学べます。製造業での仕事なら、日本の産業の一端を垣間見ることにつながります。ほんの一部分を任されたアルバイトの作業から、全体の仕組みを考える機会が訪れるかもしれません。建設作業などの肉体労働も同様です。日本経済にとって重要な役割を果たす建設業界の一部分を肌で経験する機会は貴重だといえるでしょう。重要なことは、どんなアルバイトであっても手を抜かず、最後まで全うすることです。休日を仕事に振り替えた場合は仕事から良い情報やスキルを吸収するように努めることが、将来最大の財産になるはずです。これができるなら本当の意味での有効な休日利用方法といえるでしょう。

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

固定ページ

タグ

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント